ペット

癒やしを長く保つ

ペット火葬という供養

犬

ペットは生涯飼い主へ癒しを提供してくれる大切な存在です。 しかし、寿命は人間よりも短いため、ペットを迎えると同時に、最後を看取ることも覚悟が必要です。 そこで、誕生したのがペット火葬です。人間同様に火葬し、自宅もしくは専用の施設で供養するというものです。 一昔前であれば庭に土葬し、全てを個人で供養をしていたものですが、昨今、特に東京では埋めることができる私有地も少ない状況ですので、個人で行うことが難しい状況です。 東京で火葬が支持されるのは、土葬できる私有地がない、忙しい、納骨したい、自宅で供養したい、といった東京ならではの多様なニーズにこたえることができるからでしょう。 火葬専門の業者がおり、施設もしくは自宅付近まで火葬炉を持ってきて、火葬を行うことができるのです。 東京のペットの数は人口に比例して多いため、供養する数もそれに伴います。 火葬が終わった後は、納骨するもよし、自宅で祭壇に飾るもよし、遺品として加工するもよしなのです。 飼い主の心を永久に癒し続けてくれるでしょう。

東京都で行う方法

東京でペット火葬を行いたいと思ったら、まずは業者を探すことから初めます。 街角情報誌や電車の中吊りにも情報は公開されていますし、インターネットをつかった情報収集も可能です。 火葬にも業者ごとにサポート体制や方法などが異なりますので、自分のペットの最後をどのような形で送りたいかを基準に選ぶと良いでしょう。 業者が決まったら指定の日取りにペットを運び込みます。 火葬中の立会をどするか、なども業者と事前に打ち合わせをしておくとよいでしょう。ペットの体重や種類、愛用品の対応状況なども業者によって異なるので事前に打ち合わせが必要です。 全てが滞りなく進めば、最後の瞬間まで気持ち良く過ごせ、良い思い出となって飼い主の心も安らぐというものです。

Copyright©2015 ペット保険で治療費を安く受ける〜長生きできる秘訣〜 All Rights Reserved.